So-net無料ブログ作成

NHKラジオ第一「真打ち競演」 [雑談]

「真打ち競演」がNHKラジオのインターネット聴き逃し配信もされるようになっていた。この番組は土曜日の午前中の中波番組ということもあって、地震や鉄道事故で切れることが多かったのだが、これがあればよい。先週五月十八日の放送でもあった。パックンマックンの漫才だったが。
ところで十八日の花緑師匠の「トーブ鉄道の夜」は作者は藤井青銅氏。藤井氏といえば「デーモン小暮(当時)のオールナイトニッポン」の構成作家のイメージが強いが、こういうこともやっていたのか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

いけませんね。 [雑談]

言いたいことはあるんですよ。でも、うまく表現を整理できなかったり、時期を逸してしまったり。なかなかうまくいきません。こんな風だから、いろいろ付け込まれたり、損をしているのでしょうね。かえって苦しむことにもなりますし。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2019-05-12 [雑談]

5月12日付地元紙朝刊にて堤未果氏が緊急事態条項の危うさを訴えていた。自民党の憲法改正といえば、第九条改正して軍隊を持ちたい、最近では自衛隊を憲法に明記しよう、といったことが大きく取り上げられているが、災害時の対応のために緊急事態条項が必要だという。しかし、現憲法下においても災害時の対応についてはさまざまな法律があり、それに基づいて政府は対応動いており、そのような条項は必要ないという。では何のために必要か。自民党の改正案によると、「緊急時に」衆議院を解散せずに、法律と同じ効力を持つ政令を制定し、総理や議員の任期を延長でき、国民を公的機関の命令に従わせる性格のものという。期間は最低百日。
ワイマール憲法下のドイツで緊急事態条項の下、何がどうなったかを知れば、多くの人が判断力を失った状況で「ショックドクトリン」下で行政(その背後に何がいるのか)が多くの場合何をやってくるかを考えると怖くなってくる。まず手始めに、パスポートを更新しておくか←そこかよ!
そうそう、自衛隊とこれを管理する防衛相も現憲法下の自衛隊法と防衛省設置法に基づいて存在しているので、わざわざ憲法に書くこともない気もするのだが。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

今日の一曲 [雑談]

天野喜孝さん、かつてタツノコプロの作品で喜怒哀楽した俺の少年期を返してください。



『がきデカ』の「チェリーポム」でおなじみのバンド。このカバーは知らなかった。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

すばらしきかな、令和大日本。いやさかいやさか。 [雑談]

かの一族の案件で10連休がありがたいもののように錯覚され、メーデーや憲法記念日が無視され、「陛下」の祖父があの加害企業の社長であったことはケーフェイ扱いとされるのである。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

連休で心休まるとは限らない [雑談]

考える余裕ができると、フラッシュバックが生じるんですよ。ええ、過去の嫌な記憶が思い出されて。次から次へと定番が出てくるのですよ。次から次と考える余裕がないのも時にはいいのかも知れません。私がごとき者にとっては。いまだに自分に自信持てません。虐待と負い目しか感じさせてもらえなかった人間にとっては。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感